月々の支払いが減る、3つのアプローチ

7万円(ローン)+2万円(光熱費)+1万円(メンテ費用)+1万円(固定資産税)+0.5万円(光熱費増加)
?1.5万円(光熱費削減)−0.5万円(メンテ費用削減)−3万円(売電収入)=6.5万円(実質月々支払額)

月々の負担が9万円(アパート時)→6.5万円(新築実質支払い)となり、毎月の支出を2.5万円減らすことも可能なのですが、それには3つのアプローチが必要です。

  1. 光熱費を減らす。(−1.5万円)
  2. メンテナンス費を減らす。(−0.5万円)
  3. 売電収入を得る。(+3万円)

月々の負担をアパートと比べると・・・

9万円(アパート)−6.5万円(お得新築)=2.5万円
毎月2.5万円の負担減。

普通の住宅購入時に比べると、
11.5万円(通常新築)−6.5万円(お得新築)=5万円
毎月5万円の負担減。

[button color=”green” size=”large” url=”http://www.taiyo-home.jp/messeage3-1″]Next >>[/button]