Q.1:シックハウスは2016年でも終わっていないのですか?

A1.:終わっていません。
以前は新築臭やめまいや吐き気で分かりましたが、今のシックハウスにはそうした現象がなく、入居から時間が経ってからぜん息や花粉症、アトピーなどを引き起こしています。
その原因は今でも発がん性物質であるホルムアルデヒドやトルエンが建材や接着剤に使われていることです。
発がん性物質ですから、やがてはシックハウスの症状としてガンになると考えるのが自然です。

コメントを残す