Q.3:なぜ住宅ローンを借りるときに火災保険と生命保険が必要なんですか?

A.3:途中で返済ができなくなるリスクを銀行が避けたいからです。
火災・落雷・盗難などで家が損傷あるいは失われた時に残債があると、再度の住宅ローンが使えず復旧できないこともあります。
火災保険は保険金で残債の返済に充て、再度住宅ローンを組むという流れです。
損傷が軽い場合は保険金で補修することができます。
生命保険は団体信用生命保険といって、債務者の死亡時に保険金で残債を返済するものです。

コメントを残す